« rukoの英語教室 | トップページ | ジェノベーゼづくし »

教室のこと・その4(レッスン編)

幼稚園年中クラスの場合。まずみんなを英語でお出迎え。教室の中で私が話す言葉は基本的にすべて英語なのですが生徒さんは日本語でしゃべるので「先生これープリキュアの靴下なのー」「Oh!Your socks have the purikyua design!they're cute!」みたいな会話が繰り広げられます(笑) 

そして宿題をチェックしてから始まりの歌。あいさつ、出欠チェック、エクササイズ、今月の歌。 次にフラッシュカードやカルタゲームなどで前回習った単語や表現を復習したあと既習の歌。 次は今回ターゲットの単語を導入。大体言えるようになってきたら宝探しゲーム(床にカードをばらまいて探させる)やslow peek(封筒に入れてゆっくりカードを引き出していき何か当てさせる)などで単語を定着させます。 

そのあとはアクティビティ。習った単語や表現を使ってお絵かきや折り紙などで実際に動作させながら遊びます。遊んだあとは座らせて絵本の読み聞かせ。短いせりふを子供に言わせたりもします。そして絵本のテーマにあった歌を歌います。 その次はワークブックでアルファベットのなぞり書きと迷路や線つなぎなど簡単なタスクをします。宿題プリントを配って、終わりの歌を歌って、GOOD BYE!お迎えのお母さん方にお子さんを渡して、おしまい。

幼児クラスは常に笑顔・ハイテンションで行かないとついてこないので終わったあとは咽喉がカラッカラ。ぐったりです(笑)

去年のイースターパーティーで読んだ絵本です。わかりやすくて子供にも好評でした。

Spot's First Easter Spot's First Easter

著者:Eric Hill
販売元:Puffin
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« rukoの英語教室 | トップページ | ジェノベーゼづくし »

「こどもと英語」カテゴリの記事

「ホームティーチャー」カテゴリの記事

「育児」カテゴリの記事

コメント

とてもハキハキと輝いてる先生姿が想像できました!
ちなみに絵本も自分で用意するのかな?とてもかわいいね。

投稿: E | 2006年2月 3日 (金) 23:20

ありがとう♪子供がついてこなくて空回りしていることも多々あるけどね(^^;;絵本は基本的に教材のを使うのですが行事のときなどたまに手持ちのを読むことがあるのです。みんな絵本は大好きで大人しく並んで座って聴いてくれるのでとても嬉しいしカワイイよ。

投稿: peruko | 2006年2月 4日 (土) 08:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« rukoの英語教室 | トップページ | ジェノベーゼづくし »