« NANA | トップページ | 今週のヨガ教室・その2 »

『V フォー・ヴェンデッタ』(ネタバレなし)

Eちゃんと二人で結成し「シネマの会」、記念すべき第一回鑑賞作品は『V フォー・ヴェンデッタ』。最近さかんにCMやってますね。

久しぶりの大スクリーンで見る映画はとーーっても面白かった!主演のナタリー・ポートマンは丸刈りにすると一層美しさが際立ちます。近未来のロンドンが舞台というのもツボでした。「マトリックス」シリーズの製作陣による作品とのこと、なるほど「マトリックス」っぽさが随所にうかがえる映画です。衣装や美術に凝りまくってる感じ、アクションシーンの美しさは白眉。血がドバドバなので嫌な人もいるかも、ですが。

「マトリックス」はイマイチ何がなんだかわからないところがあったけど、この映画はストーリーもメッセージも明快。いい選択でした。

これから見に行く方は、できれば「ガイ・フォークス」「火薬陰謀事件」をウィキペディアなんかで検索してから見に行かれると、より理解が深まるかもです。(映画の冒頭でも触れられてますけど)

V フォー・ヴェンデッタ

|

« NANA | トップページ | 今週のヨガ教室・その2 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

来月も楽しみだね。やはりスクリーン、迫力があっていいね。

投稿: E | 2006年4月28日 (金) 08:41

ウォシャウスキー兄弟が監督で、私の大好きな映画、思い出したよ。『バウンド』という映画です。相当な低予算だと思われるけどとても面白いよ。レズビアンの女二人とマフィアが出てくる息詰まるサスペンス映画です(笑)なんのこっちゃ??
レンタルなんかで見かけたら是非観て見てね♪

投稿: peruko | 2006年4月28日 (金) 13:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25776/1594213

この記事へのトラックバック一覧です: 『V フォー・ヴェンデッタ』(ネタバレなし):

» Vフォー・ヴェンデッタ 〜警察国家の恐怖とポートマンの迫真の演技 [シカゴ発 映画の精神医学]
3月17日アメリカ公開     4月29日 日本公開 日本語オフィシャルサイト  見終わった後、具合が悪くなる映画が多い。  「ミュンヘン」「クラッシュ」そして、この「Vフォー・ヴェンデッタ」も そうだ。    「具合が悪くなる」というのは、悪い意味ではな...... [続きを読む]

受信: 2006年5月10日 (水) 13:00

« NANA | トップページ | 今週のヨガ教室・その2 »