« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

「マンマ・ミーア!」観てきました

マンマ・ミーア!-ザ・ムーヴィー・サウンドトラック

観てきました!「マンマ・ミーア!」。

前評判どおり、明るくて楽しくて、とってもいい気持ちで映画館を後にできる映画です。全ての女性にオススメですが、特に「女の子ママ」にはオススメ!

明るい映画と聞いてたのでまさか泣けるとは思わず、ハンカチの用意をしていなかったのですが…後半、娘の身支度を手伝いながら母役のメリル・ストリープが娘を思う母の気持ちを歌う場面で、もー泣けて泣けて…crying ナミダが止まらない!

年齢とともに涙腺ユルユルなので、こんなに泣いたの私だけかもしれないけど~。一緒に観にいったお友達は全然泣いてなかったし(笑) 歌詞を思い出しただけでウルウル。あの一曲のためにサントラ買いたいです。

メリル・ストリープと昔なじみの仲間二人の歌、ダンス、最高にカッコよかった。あんな風に年取れたらいいなぁ。友達っていいなぁ。若い頃、もっと遊べば良かったなぁ。

ABBAの名曲の数々に思わず歌いだしそうになりました。サントラ、ゼッタイ欲しい!

舞台となったギリシャの島、ほんとステキです。もう一回観たい映画です。

| | コメント (5)

二月のあれこれ

うかうかしてるとすぐ終わっちゃうんですよね…二月って。

2/4(水)

東区のフレンチの名店、ル・プルコア・パでお友達とランチデートheart02

本格フレンチのコースランチにしてはお手ごろと言えるお値段で、もちろんお味も最高。エゾシカのパテとか。カメラを持参しなかったので画像ナシですが、どれも目に舌に楽しいお料理でしたよ。店内は有閑マダム風の奥様方でほぼ満席でした。次はいつ行けるかなぁ…

Rimg0311_edited_2

2/8(日)

rukoの親友anちゃんとさっぽろ雪まつり 大通会場へ行ってきましたheart04 お天気もそこそこ良くて、なかなかの人出。 3丁目会場でミニSLに乗り、氷の滑り台雪の迷路で遊び、4丁目の東京ディズニーランド大雪像を見終わったところで「おなかすいた~!マック行こう!」

結局1時間ちょっとしか会場にはいなかったけど、rukoは大好きなお友達と過ごせて楽しかったようですshine

2/6(金)

裏参道のピッツァ・ローネイタリアンディナー会notes

10年以上ものおつきあいをしている、気のおけないメンバーたちが集いました。年代は違っても同じ話題で盛り上がれる、楽しい仲間です。 ほぼ1年ぶりの集まりですが、話は尽きず、とても楽しい時間を過ごせました。

相変わらずピッツァ・ローネのお料理とっても美味しかった♪ カメラを持たなかったので画像なしです…ここのピッツァは本当に感動しますよ~shine ああ、また行きたいなぁ!

2/11(水・祝)

rukoはキロロのスキースクールへ。今シーズン四回目。私とパパは小樽の街へ出かけ、小樽デートを楽しみましたheart04

まず訪れたのは、運河観光のメインストリート堺町本通沿いの可否茶館小樽ファクトリー。ここは自家焙煎珈琲専門店です。小樽の観光案内パンフなどを眺めながら、美味しいモーニングコーヒーを頂きました。その後、クルマを停めて堺町本通を散策。いつもはクルマで通り過ぎるだけの通りですが、観光客キブンでそぞろ歩くのはなかなか楽しかったです。最近、急に増えたルタオのお店を覗いてチョコを試食したり。

Rimg0327Rimg0320Rimg0322Rimg0326 お昼は小樽駅前・稲穂まで移動し、気になっていたお店二代目叫児楼(にだいめきょうじろう・稲穂二丁目)へ。

ツタの絡まる、小樽っぽいレトロな外観のお店です。歴史を感じさせるしつらえ、好きだわ…思わずセピアで撮りました(笑)

名物という「ゴマネーズ」をオーダー。パスタ自体のお味は…まあまあ(笑)。食後のコーヒー紅茶は100円と激安ですが、ティーバッグです。でもアルミ?のポットとか銅のカップとか、レトロ可愛くてよかったです。雰囲気重視のお店。

その後、長崎屋の地下でかま栄のかまぼこを買って、また運河あたりへ戻り、クルマを停めてスイーツ散歩あまとう、北菓楼、六花亭…北一硝子を覗いたり。なかなか充実した久しぶりの小樽デートでした。

Rimg0331_edited 2/12(木) 

二月、世の乙女の最大行事はバレンタインheart04愛しのkei君にチョコを作るruko。バレンタイン当日はお気に入りのワンピースを着て、お届けに行きました。結局、園の三年間、毎年kei君にチョコあげたなぁ。母に似て一途です(笑)。

2/13(金) 

Rimg0334_edited お友達とグランドホテルのランチブッフェnote札幌のホテルランチブッフェの中では、グランドのが一番好きdelicious お味も雰囲気もいいし、スイーツ類も美味しいし。

お腹一杯、おしゃべりも一杯して楽しいひとときでした。

| | コメント (2)

「チェ 39歳 別れの手紙」観てきました

T0006790_2 先週の「28歳の革命」に引き続き、後編「別れの手紙」観てきました。

重かったなぁ…いろんな意味で。

前編はキューバ革命の成功で終わるの で、高揚感もあってある意味ハッピーエンド、観終わったあともすっきりとするのですが…

後編は家族や盟友カストロとわかれ、秘密裡にキューバを脱し、ボリビアで武力ゲリラ闘争による革命を目指すお話。 結果としてはゲリラ闘争は失敗、ボリビア軍に捕まってしまい、処刑されてしまうのです・・・重~いsad

ゲバラの革命への熱い思い、貧困に苦しむ農民を救いたいという思い、ゲリラたちの教育、戦闘のやりかたは、キューバ革命のときと変わらないのに。 ボリビア共産党の支持も農民の支持も得られず、結果として革命は失敗してしまうんですね。

ところでボリビアってドコにあるの?的なレベルの世界情勢オンチの私ですから(恥)、今のボリビアやキューバの状況がどうなってるのやら分かりません。ゲバラの流した血は意味があったのか、これから勉強しなくちゃ。

家族との別れ、戦闘、処刑の場面など、いくらでもハリウッド的にドラマチックに描けそうなのに、あえて淡々とした描写だったのはウソっぽくなくて良かったです。

処刑の前日、ゲバラがボリビア兵に「神を信じるか?」と聞かれ、「私は人間を信じている」と答えたのにはじーんときました。 いい映画でしたよ。

わが夫、チェ・ゲバラ 愛と革命の追憶 Book わが夫、チェ・ゲバラ 愛と革命の追憶

著者:アレイダ・マルチ
販売元:朝日新聞出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

↑ゲバラの妻、アレイダによるゲバラ追想記。読んでみたいです。

| | コメント (0)

「チェ 28歳の革命」観てきました

41c6i4xasdl_ss500__4 映画「チェ 28歳の革命」観てきました!

チェ・ゲバラについては「かっこいいTシャツの顔のひと」「キューバの革命家」くらいしか知らず、殆ど何の知識もない私でしたが、観終わった頃にはすっかりこの人のファン(笑)になってました。Tシャツの顔になるのもわかるなぁ。かっこいいもん。こういうヒトは、いつ、どこで、どんな時代に生まれても、きっと世の中のためになる大きなことをするヒトになるんだろうなぁ。

Che_28_sbsb1_large 主演のベニチオ・デル・トロ、カッコよかったなぁ。革命軍はみんなルックスが似たり寄ったりなので誰が誰やらわからなくなりがちでしたが。軍服にベレー帽も萌えでした(笑)ああ、なんてミーハーな感想coldsweats01

最低限ウィキペディアなんかで「チェ・ゲバラ」についてざっと予備知識を仕入れてから観ると、より背景などがわかっていいかもです。明後日、この後編を観にいきます。楽しみ。

| | コメント (2)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »