絵本あれこれ

うさぎちゃんとゆきだるま Book うさぎちゃんとゆきだるま

著者:あだち なみ,あいはら ひろゆき
販売元:教育画劇
Amazon.co.jpで詳細を確認する

rukoが本屋さんでヒトメボレした絵本。寝る前にいつも読んでいます。

表紙は地味ですが(中もわりと地味ですが)、うさぎちゃんがものすご~く可愛いの!!癒されますよ(^^)

「くまのがっこう」シリーズの著者による作品。文章量がすくないので読み聞かせもラクチン(笑) 平仮名が読めるお子さんならひとりでも読みきれるでしょう。

テーマ別1日10分でえがじょうずにかけるほん おしゃれファッション Book テーマ別1日10分でえがじょうずにかけるほん おしゃれファッション

著者:秋山 風三郎
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

お絵かきが好きなruko、この本を見ながら夢中でお絵かきしています。まだまだお手本どおりに描くのは難しいようですが、いろんなカタチを描けるようになったりして楽しそうです。

amazonのレビューを見ると子供の独創性を損なう、という意見もあるようですが、rukoは楽しんでいるようだし自分でパーツを付け加えたりして工夫しているので心配はないと思います。「好きなように描く」ことと「お手本どおりに描く」どちらも大事な意味があることですから。

のりもの、こんちゅう、きょうりゅう、にんげん・・・いろんなテーマ別に出ています。絵を描くのが苦手・・・というママも、これを見ながらお子さんと一緒にお絵かき楽しんでみてもいいかも♪

The 12 Days of Christmas Anniversary: A Pop-up Celebration : Anniversary Edition Book The 12 Days of Christmas Anniversary: A Pop-up Celebration : Anniversary Edition

著者:Robert Sabuda
販売元:Little Simon
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ロバート・サブダのポップアップ絵本、大人気ですね。私はクリスマス・アルファベットとマザーグースを持っています。今年のクリスマスに買いたいのは↑コレ。

学生の頃、イギリスでの短期語学研修にいったときに習った思い出の歌、the 12 days of christmas。今でも歌うことができます♪先日書店でチラっと立ち見したら、ため息がでるほどステキでした。

あこがれ―高橋真琴画集 (fukkan.com) Book あこがれ―高橋真琴画集 (fukkan.com)

著者:高橋 真琴
販売元:ブッキング
Amazon.co.jpで詳細を確認する

誕生日に妹にオネダリしちゃった(笑) 高価なので自分で買う勇気が出なかったけど、やっぱり手元に置いておきたくて。

大型本なので迫力満点、眺めているだけで自分の瞳にも星座が輝きそう!!いつか原画を手に入れたいなぁ~!

| | コメント (6)

麗しのMACOTOワールド

今、「おとなのぬりえ」なるモノが流行っていますよね。私も買っちゃいました~♪

高橋真琴の少女ぬりえ 世界のおひめさま Book 高橋真琴の少女ぬりえ 世界のおひめさま

著者:高橋 真琴
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

大好きな高橋真琴先生ぬりえです♪キュン♪♪

おなじみのシンデレラ、白雪姫、人魚姫などなどのぬりえが楽しめます。

もちろん美麗なお手本つき。一枚ずつカンタンに剥がせるので、コピーしてrukoにもやらせてあげてます。私自身はまだやってません・・・実家から36色色鉛筆を取ってこなくちゃ!

さらに、前から欲しかった↓も購入。

少女ロマンス―高橋真琴の世界 Book 少女ロマンス―高橋真琴の世界

著者:高橋 真琴
販売元:PARCO出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Rimg0014_edited 瞳の中にキラキラ輝く星座を抱く美少女たちを堪能できます。お姫様の絵もステキだけど、オシャレに着飾った少女たちの絵もうっとりさせてくれます。パラパラめくってるだけでも癒される~☆

←こんなアロハ~な女の子の絵もありました。ヨーロッパな雰囲気の女の子が多いので、トロピカルな絵はめずらしい。

この絵は1972年に描かれたものですが今見ても全然古臭い感じはしませんよね。眺めていると自分の目までキラキラしてくる・・かも・・・?!

                                                              

↓いつかきっと手に入れたい画集です。 ちょっと高くて・・・でも手元に置いときたい!

あこがれ―高橋真琴画集

| | コメント (4)

高橋真琴先生の少女画集

Rimg0123Rimg0124  高橋真琴「ゆめ少女」getしました~♪

ページ開くたびに「きゃあ~☆」 ・・・・乙女心わしづかみ。

美麗なポストカードブック(30枚入り)でございます。

これで850円は破格!

巻末にはぬりえ、着せ替えもあり。勿体無くて使えません~ !保存用に、もう一冊いるかも。

Book ゆめ少女

著者:高橋 真琴
販売元:小学館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

前に買って、母子ともどもいたくお気に入りなのは↓です。

MACOTOのおひめさま Book MACOTOのおひめさま

著者:高橋 真琴
販売元:PARCO出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

rukoは昨日『シンデレラ』を朗読してくれました(笑)おひめさまって、いいよね。やっぱり。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

「ダ・ヴィンチ・コード」つながり

久々に知的好奇心を大いに刺激されたので、関連本も読んでみたくなりました。amazonめぐりをして、気になった三冊です。

「反」ダ・ヴィンチ・コード―嘘にまみれたベストセラー Book 「反」ダ・ヴィンチ・コード―嘘にまみれたベストセラー

著者:ホセ・アントニオ・ウリャテ ファボ
販売元:早川書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

世界的ベストセラーだけに、支持本・反支持本色々ありますね。物事はいろんな側面から眺める方が面白いので、読んで見たい一冊。

秘密結社の手帖 Book 秘密結社の手帖

著者:渋沢 龍彦
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

澁澤龍彦の本は数冊ありますが、これは未読でした。読みたい。

グノーシス―古代キリスト教の“異端思想” Book グノーシス―古代キリスト教の“異端思想”

著者:筒井 賢治
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

「ダ・ヴィンチ関連本」には所謂トンデモ本も多そうですが、これは真面目な本のようです。講談社だし。図書館にあるかな?

| | コメント (4)

「ダ・ヴィンチ・コード」読了。

ダ・ヴィンチ・コード(上) Book ダ・ヴィンチ・コード(上)

著者:ダン・ブラウン
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

面白かったー。貸してくれたEちゃん、ありがとう。久しぶりに寝る間も惜しんで、わくわくしながら一気に読んだ本でした。内容についてはamazonで詳細をご確認ください(w

3巻もあるし、難解なのかな?と思っていましたが全然難解ではなく、読み易いです。ヨーロッパにガイド付きで旅行したことのある人なら、特にキリスト教や美術の知識が深くなくても楽しめるでしょう。ただし、ミステリを読みなれた人には、ストーリー展開やキャラクター設定、語り口がいささか陳腐と思われるかも・・・?でも全般にとても面白かったので私的には☆5つ。

「ルーブル美術館・パリ・ロンドン・異端・カトリック・教会・聖書・秘密結社・暗号・アナグラム・謎解き」・・・私の興味に全てヒットする内容!ルーブルのグランド・ギャラリーは4回見に行きました。ロンドンにも3回行ったし(残念ながら舞台となる寺院には行かなかったけど)、聖書は子供の頃から愛読書、澁澤龍彦にはまった時期もあったし。

映画は来月公開。楽しみだなぁ。例のイギリス人に扮するのは誰かな?

| | コメント (3)

『ヨーロッパ自動車人生活』

ヨーロッパ自動車人生活 Book ヨーロッパ自動車人生活

著者:永島 譲二
販売元:二玄社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

パパが図書館で借りて来ました。普段クルマの本には興味ないのですが、うちももうすぐドイツ車ユーザになるし、読んでみました・・・コレが意外と(失礼)面白い!

著者はオペル、ルノーでデザイナーとして活躍し、現在はBMWのデザイナー。巻頭に彼のイラストが収録されてます。水彩で、とってもキレイ。機械なのに、なまめかしくさえ見えます。

中身はもちろんクルマに関する話も多いのですが、文章が軽妙でウイットに富んでいて、さらさらっと読めました。デザインの才能もあるけど文才もある人です。生活の拠点であるドイツ、ルノー時代に暮らしたフランス、イタリア、イギリスなど欧州の国々の生活様式・文化・考え方の違いなどが面白く書かれています。

たとえば、ルノー社の社員食堂。ヒラも幹部も、昼食にはワインを飲む。社員食堂のメニューにステーキがあり、しかも注文を聞くまで、コックは決して肉を焼かないんだそうです。マヨネーズもシェフの手作り。ドイツの場合はどんな高級なレストランでさえ、『客に肉の焼き方を聞く』というシステムがなく、必ず焼きすぎで出されるんだとか。オペルの社員食堂は刑務所の食堂を思い起こさせるような場所で、飲み水すらないそうです(笑)。食事中、水も飲まない人たちの造る車に、毎日フルコースのランチ(ワイン付)を食べてる人たちの作る車同様の明るさ、センス、を期待しても始まらない。なるほどねぇ。

他にもフランス式問題解決法、アメリカの大学での話などなど、楽しい話が一杯でした。ヨーロッパに興味のある方は是非、読んでみてください☆

| | コメント (9)

ママの休日

一日(といっても9時to5時)フリータイムをもらって美容院&三越に行ってきました。ここ2年ほど伸ばしていた髪をばっさり切ってもらってすっきり。20センチは切ったよ。白髪ぼうぼうだったのもピンク系のカラーを入れて、ちょっと若返った気分♪

Photo_24 昼からは街に出て久しぶりにスープカレーを食べました。札幌スープカレー SPICE LABO。大通西2丁目・丸井の並びです。ここのスープカレーは胡麻油の香りが独特で野菜もたくさんで美味しいです。路面店だから入りやすいし雑誌もたくさんあって女性一人でも居心地がいいです。大通り公園を望む窓辺のカウンターに座ってゆっくりランチ。子供がいるとなかなかできない小さな贅沢。

おなかも満足したので三越へ「童謡詩人・金子みすず」の展示会を見に行きました。Eちゃん、チケットありがとう。なかなか見ごたえのある展示で、彼女の生涯・詩作をじっくり見ることができました。私はなんにでもすぐ感動して泣くのですが、やっぱりここでも詩を読みながらひとりで涙ぐんでしまいました。彼女の独特な視点がとても好きです。こういうものの見方ができるのって素晴らしい。自分があんまり優しい人間ではないので余計惹かれるのかも。rukoのおみやげ(といいつつ自分用)に「ほしとたんぽぽ」という絵本を買いました。いちばん好きな詩を引用します。

つ ち

こっつん こっつん ぶたれる つちは よい はたけに なって よい むぎ うむよ。

あさから ばんまで ふまれる つちは よい みちに なって くるまを とおすよ。

ぶたれぬ つちは ふまれぬ つちは いらない つちか。

いえいえ それは なの ない くさの おやどを するよ。

・・・残念なことにうちのパパは全然こういうのに興味を示しません。rukoに読み聞かせながらまたひとりでウルウルしている私なのでした。

| | コメント (5)

おひめさま

MACOTOのおひめさま Book MACOTOのおひめさま

著者:高橋 真琴
販売元:PARCO出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Sirayukihime ずっと欲しくてやっと手に入れました♪ある世代の女性にはものすごい懐かしい高橋真琴のおひめさま。

ディズニーのプリンセスなんか目じゃないってくらい豪華絢爛なおひめさまワールド。殆どカラーで巻末には付録のカードもついてて(もったいなくて使えない!)、女の子なら誰もがうっとりです。

NinngyohimeSinndereraドレスも髪もバックに散るお花も精緻に描きこまれていて、見ていて飽きません。「少女ロマンス」も画集も欲しくなってきたよ・・・。埼玉に画廊があるそうです。行きたいなぁ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)