学べて遊べる英語のゲーム・その2

Rimg0138_1Rimg0139 opposite puzzles(オポジット・パズル)

これもボーネルンドで購入しました。rukoはもちろん大好きですが、教室でも教材のように使えるので買ってよかったなぁ。

英語の形容詞「反対語」のカードが16ペア、合計32枚入っています。紙製ですが丈夫なので長持ちしそう。

“happy-sad”“clean-dirty”など、絵だけ見ても分かりやすい語ばかりなので3歳くらいからできると思います。

小さい子はまず字数の少なめの3~4ペアくらいから、まず親が合わせてあげて、それから子供にはめさせるとすぐ覚えます。

大きい子、既に反対語は覚えた子には、ペアを二つに分けて裏向きにし、神経衰弱みたいにしてもいいし、ひとつのグループだけ表に向けて、裏向きのグループから一枚ひいてマッチする反対語を探すのも楽しいです。

時間を計ったり、兄弟や友達同士競争させるのもいいと思います。

Rimg0100_editedRimg0102_edited  ←大通公園のボーネルンドフラッググシップ店にて。自由に体験できるように色々な遊具やおもちゃが並んでいます。店員さんも親切です。

| | コメント (4)

学べて遊べる英語のゲーム

Rimg0029Rimg0031 「キャンディ・ゲーム」

rukoの大好きなゲームです。ボーネルンドで購入しました。

丈夫な箱の中に木の板でできた41個のカラフルなキャンディと、6色の色がついたサイコロが3つ入っています。3つのサイコロを振り、出た目全ての色が入っているキャンディを探す、一種のカルタゲームです。

英語で色の言い方を導入するのにとてもいいゲームです。色は、戦隊モノなどで親しみがあるので、すぐ言えるようになる子供が多いです。

もちろん日本語で「赤、青、白!」と言って遊ぶこともできます。

小さいお子さんにはサイコロひとつだけ振らせ、ひとつの色だけ入ったキャンディを探させるのもいいでしょう。

大きなお子さんには、キャンディを裏向きに並べ、サイコロ2つを振り、出た色のキャンディがどこにあるか神経衰弱の要領で探させるのも楽しいと思います。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

こどもと英語・その2

ヘンリーおじさんの英語で子育てができる本―ネイティブが答える英語Q&A

Book ヘンリーおじさんの英語で子育てができる本―ネイティブが答える英語Q&A

著者:ヘンリー ドレナン,ヘンリーおじさん
販売元:アルク
Amazon.co.jpで詳細を確認する

アルファベットは覚えてる、英語でカンタンな挨拶もできるけど・・・会話にならない、というレベルのお母さん&お子さんにオススメ。

rukoが生後4~6ヶ月の頃から英語の絵本の読み聞かせをしていましたが、2歳になった頃から普段の会話にも英語を取り入れるようにしていました。その頃から週一回で英語教室にも通わせましたが、この本を参考にして家の中でもことあるごとに英語を使うようにしていました。

この本には子育て中のお母さんがすぐに使える表現がたくさん出てくるのでとても役に立ちます。

たとえば朝、起こすときに英語で声をかけるなら・・・

“Come on, Time to get up !”“Good morning !Time to get up now !”・・・みたいな感じ。

朝から夜まで、おうちの中、外、色んな場面で使える表現がいっぱい。英語が苦手、発音がどうも、というお母さんでも、ネイティブ母子の会話を収録したCDがついているのでそれをマネしていくうちにきっと上手になると思います。

CDには子供といっしょに遊べるプレイソングも入っています。歌ったり遊んだりしながら、子供はすぐに単語や文章を覚えてしまいます。

いきなりお母さんが英語の歌を歌ったりしはじめたらきっとお子さんは驚くと思いますが、楽しいことにはすぐ順応するのが子供です。小さいうちならその順応速度はホントに速いですよ♪

テレビの中のキレイな発音のネイティブスピーカーの言葉を聞かせるのも大事ですが、(多少発音が悪くても)大好きなお母さんとのナマの声での英語のやりとりも、子供にはいいんじゃないかな~?と思うのですが、どうかな?

| | コメント (9)

学べて遊べる英語の絵本

高いセット教材を買わなくても大丈夫!お母さんが英語苦手でも大丈夫!

こどもの興味をひく絵本やおもちゃを上手に使えば、こどもも自然と「英語への興味」が湧き、親子で楽しく英語に親しむことができます。手に入りやすい、おすすめのものを紹介していこうと思います。

リングカード・ABC リングカード・ABC

著者:とだ こうしろう
販売元:戸田デザイン研究室
Amazon.co.jpで詳細を確認する

2歳頃、本屋さんでrukoが自分で選んだ絵本(というかカード?)です。

丈夫な箱の中に、コーティングされた丈夫な紙のカードが47枚入っています。カラフルではっきりと分かりやすい絵、裏面には大きく単語が書いてあります。赤い小さい字で発音記号とカタカナの読み方、日本語の意味もあります。カタチも四角ではなく丸みのあるソラマメのような形。小さな子が持って遊ぶのにピッタリです。

たとえば“whale”ならェイル」“doll”なら「ル」という感じ。(厳密にいえばチョット違うか?というのもありますが・・・)

これなら英語の苦手なお母さんでも読み聞かせてあげることができますよね?

フラッシュカードに飽きたらカルタ遊びや、魚釣りゲーム、すごろくゲームをしたりと工夫次第で色々遊べるところも◎です。

魚釣りゲーム:釣竿(割り箸にひもをつけ、紐のはしに磁石をつける)をつくり、カードにはクリップをつけておく。お母さんが指定した語を次々釣っていく。または子供に好きな絵を釣らせ、その単語を導入していく(または言わせる)。

すごろくゲーム:カードを表向きにすごろくの要領で並べていく。うず巻き型にすると楽しい。さいころを振って出た目の数だけ進み、とまったところの単語を言わせる。「動物にとまったら一回休み」「食べ物にとまったら3進む」などのルールにするとより楽しい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

バレンタイン

060215_175401_1 生徒さん(小6の女の子)から手作りチョコをもらっちゃいました♪小学校では「友チョコ」と言って女の子同士でチョコをあげるのが流行ってるんだそうです。今週は教室もバレンタイン・ウィーク。幼児クラスではバレンタインカードを作ったり、小学生クラスではゲームの景品にチョコを配ったりと楽しく過ごしました。

私が今(パパの次に)チョコをあげたいのは高橋大輔くん。王子さまぁ!てOsk200602150036感じ? 今日の朝日の夕刊の写真、すんごいカッコ良かったです。カメラマン、グッジョブ。

| | コメント (2)

教室のこと・その4(レッスン編)

幼稚園年中クラスの場合。まずみんなを英語でお出迎え。教室の中で私が話す言葉は基本的にすべて英語なのですが生徒さんは日本語でしゃべるので「先生これープリキュアの靴下なのー」「Oh!Your socks have the purikyua design!they're cute!」みたいな会話が繰り広げられます(笑) 

そして宿題をチェックしてから始まりの歌。あいさつ、出欠チェック、エクササイズ、今月の歌。 次にフラッシュカードやカルタゲームなどで前回習った単語や表現を復習したあと既習の歌。 次は今回ターゲットの単語を導入。大体言えるようになってきたら宝探しゲーム(床にカードをばらまいて探させる)やslow peek(封筒に入れてゆっくりカードを引き出していき何か当てさせる)などで単語を定着させます。 

そのあとはアクティビティ。習った単語や表現を使ってお絵かきや折り紙などで実際に動作させながら遊びます。遊んだあとは座らせて絵本の読み聞かせ。短いせりふを子供に言わせたりもします。そして絵本のテーマにあった歌を歌います。 その次はワークブックでアルファベットのなぞり書きと迷路や線つなぎなど簡単なタスクをします。宿題プリントを配って、終わりの歌を歌って、GOOD BYE!お迎えのお母さん方にお子さんを渡して、おしまい。

幼児クラスは常に笑顔・ハイテンションで行かないとついてこないので終わったあとは咽喉がカラッカラ。ぐったりです(笑)

去年のイースターパーティーで読んだ絵本です。わかりやすくて子供にも好評でした。

Spot's First Easter Spot's First Easter

著者:Eric Hill
販売元:Puffin
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (2)

検定無事終了!

今日は教室の一大イベント・検定二次試験がありました。ネイティブの講師と一対一で面接するのです。年中さんのmちゃんは緊張と不安で会場に着く前から泣いちゃうし、一年生のR君はいつものようにハイテンションだし(笑)、どうなることかとはらはらしていましたが・・・。全員見事な点数で無事検定を終えました。Ⅰ'm proud of you !!

みんな初対面のネイティブとの会話に多少なりとも緊張したようでしたが、日頃の成果を充分に発揮してくれました。先生は嬉しいよ!よく頑張ったね!みんな!

先生になって本当に良かったな、と心から思える日でした。Photo_10

手作りピザとワインで祝宴。明太子ソースのピザ、美味なり。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

こどもと英語・その1

Photo_4 うちの場合。生後4~6ヶ月くらいから洋書絵本の読み聞かせをはじめました。アルファベットが言えるようになったのは1歳半くらいだったかな?ひらがなより先に読めるようになりました。

最初に買ったのは“my first abc board book”。

丈夫で手ごろな大きさ、写真のレイアウトがキレイです。ドライブのときなど持たせておくとご機嫌でした。確か800円くらいでした。amazonで購入。中身は単語だけですがいかにもアメリカっぽい雑貨がいっぱいでてくるので大人が見ても飽きません。rukoもこの本でたくさん単語を覚えました。私も知らない単語もあったりして。このmy first シリーズは他にもいろいろ出ています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)